足立区民のフロンターレ日記
フロンターレ大好き足立区民の雑感をつれづれと…。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【テニス】守りも攻めのうち
 【攻撃ハ最大ノ防御ナリ。逆モマタ真ナリ】
 
 即興で作ってみました^_^;競技は違えど、いろいろなスポーツに当てはまるのかなぁ・・・とふと思って記事にしています。

 フロンターレvsトリニータ、結果は守り続けたフロンターレが後半ロスタイムで1点を取って1-0で勝利。トリニータにとっては悔しい敗戦だったと思います。

 トリニータの攻撃を耐えて耐えてゴールを割らせなかったフロンターレ。終了間際の攻撃時に、トリニータは点が取れない焦りからか、守備が疎かになっていたように見えました。最後の最後で集中力が切れてしまったようです。

 テニスに置き換えてみると・・・のらりくらりと攻めずにただ相手のミスを待つ【シコラー】と呼ばれるプレースタイルをできることが、市民大会レベルで勝つ秘訣となります。シコラーとの対戦、案外苦手な方が多いのでは??

 ラリーが長くなって疲れる、1ポイントがなかなか取れずにイライラしてくる、攻めても攻めても返してくるので、さらに強いボールでエースを狙ってミス・・・。

 強固な守りを崩せずに、知らず知らずに自分が追い込まれている。追い込まれている状態で相手が攻めてくると、守りに集中できず、その攻めを防ぐことができない。。今日のフロンターレvsトリニータみたいな試合展開は、市民大会ではよくあることだと思います。

 相手の攻めが厳しい場合には、徹底して守ることも攻めのうちだと開き直ってボールを追い続けると何かが起こるかもしれませんね!!

☆埼玉県の強豪プレイヤーがランキングに参戦!!
スポンサーサイト
コメント
このエントリーへのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
このエントリーへのトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan / design edit: さまない
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。