足立区民のフロンターレ日記
フロンターレ大好き足立区民の雑感をつれづれと…。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【テニス】脱・完璧主義♪その2
 試合においては完璧を求めるのはやめたほうがいい・・・先日書いたその1の続きになります。なお、ここでいう試合はお金を払って出ている試合、団体戦でのセレクションの試合など、負けると何らかの代償がある試合とさせていただきます。

 これを読まれている方、皆様が試合において一番価値を置くものは何でしょうか??きっと勝つことだと思いますが、いかがでしょうか??

 たとえ泥試合で、自分では納得のいかない勝利であっても、負けたときの悔しさと比べたら、はるかに善いですよね??
  
☆メンタル情報はブログランキングで!!


 ところで、ほとんどの方が金メダリスト・荒川静香の演技をご覧になられたことと思います。彼女の演技は、彼女自身完璧だと思っているでしょうか??ワタクシは【否】だと思います。初日のショートプログラムでは、トリプルジャンプのところをダブルに切り替えてましたよね。

 彼女は完璧を求めるよりも、自分にできることに集中した結果、金メダルを獲ることができました。

 一方、結果を残せなかった安藤美姫。練習でできていないかった4回転ジャンプに挑戦し、結果失敗。これが尾を引いて後続の演技も失敗の連続でしたよね。。(注意:これはあくまで結果論から述べております。彼女の挑戦は、今後の彼女の競技人生を見据えれば、大きな価値のある失敗だったと思います。)

 テニスに置き換えてみて下さい。練習で入らないショット、例えばエース狙いの速いフラットサーブを試合で使ったら、その確率はどうでしょう??確率低いショットが入らないことで、相手にポイントを献上し、知らぬ間に自分を追い詰めてしまいます。

 勝負を行う以上、勝った方が絶対に楽しいと思います。完璧という自己満足と勝つこと、どちらに価値を置くかによっても違って来ますが。。

 ちなみに、矛盾するようですが、練習では完璧主義者になった方がよいと思います。現在も一線級で活躍されている方に言われたのが、「練習で100%近く入るショットも、試合だとその確率は80%に落ちる。だから、練習は試合だと自分にプレッシャーをかけ、完璧なショットを打てるようにならないといけない」ということでした。 

 技術を向上させるためには、自分が完璧だと思う姿とミスショットした後とのギャップを修正していく必要があります。

 長くなりましたが、いかがでしたでしょうか??感覚的なもので書いたので、分かり辛かったと思います。。すみません。。☆ランキングにはもっと分かりやすいブログがたくさんあると思いますので、そちらをご覧になるのもいいと思います!!
スポンサーサイト
コメント
このエントリーへのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
このエントリーへのトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan / design edit: さまない
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。